Mobile Language Mobile Phone Mobile Menu

ガバナンス


取締役会の人事およびコーポレートガバナンス委員会(「HRCG委員会」)は、ESGに関する主要な方針のレビューを含む、ESGに対する会社のアプローチを主に監督しています。これらのポリシーと手順は、当社の慣行の透明性を提供し、通常、規制当局や投資家を含む関係者との協議により作成されます。

重要な環境およびプロセスの安全性の問題についても、四半期ごとにHRCG委員会がレビューを行い、会社の厳格なポリシーを確実に遵守しています。これには、削減と効率の目標に向けたリナマーの進捗状況に関する社内および社外の専門家からの定期的なレポート、そして全社的な重要インシデントレポートの監視と解決が含まれます。 HRCG委員会は、会社の事業活動や業績に影響を与える可能性のある公共政策の動向や環境問題を特定、評価、監視する上で理事会を支援しています。また、企業の責任と評判管理に関連するリナマーの戦略をレビューし、推奨しています。

理事会は、リナマーのESG関連の活動を導くいくつかの方針と手順を公開しており、これらの方針は毎年更新されています。

これらには以下が含まれます:


また、実施された施策とリナマーの事業によって影響を受けた個人やコミュニティとの良好な関係を築くことに尽力した主要なリソースをレビューしています。前述の従業員の人権規約に関して、理事会は、以下を含む特定の基本的な権利と価値観が従業員との関係を支えることを保証しています。

  • 労働条件に関する基本規定
  • リナマーのサプライチェーンに青年労働者を雇用し、児童労働がないことを保証するための基準
  • 安全でない作業を拒否する従業員の権利

労働時間の制限と時間外手当に関する特定の権利

  • 差別とハラスメントの禁止
  • そして自由に団体設立する権利

理事会はまた、すべてのリナマーの施設が1つの標準化された環境管理システムの下で認証されるという抱負目標を設定しました。現在までに、リナマーはISO-140001規格の下で世界中の61の施設の認証を取得しています。 ISO-14001は、リナマーの環境管理システムの枠組みを示し、リーダーシップ、計画、サポート、運用、パフォーマンス評価、文書化、監査、およびサステナビリティの改善に関する基準を作成します。 HRCG委員会は、ISO-14001管理システムの製品として生成された優先度の高い監査、調査、およびレポートをレビューし、内部の関係者と外部の環境、そしてサステナビリティコンサルタント、特にGHD環境サービスによる推奨事項に応じています。

その枠組みの中で、リナマーは持続可能な製品研究に投資し、最高経営責任者の報酬の一部をこの分野の特定の目標の達成に直接結び付けました。これらの目標とステッピングスツールの報酬体系への影響を確認するには、毎年の会社の経営情報通達を参照してください。

最後に、リナマーの取締役会は、洪水、暴風、地震、および私たちの施設やサプライヤーの施設に壊滅的な破壊を引き起こす可能性のあるその他の気象現象などの極端な気象イベントを熟慮し、資産リスク軽減戦略に取り組んでいます。同様に、これらのリスク評価戦略では、会社が短期、中期、長期的に特定した気候関連のさまざまなリスクと機会を考慮に入れ、対応する運用作業計画を作成しています。リナマーが事業でさらされている気候の多様性を考慮して、とりわけ当社の事業、戦略、そして財務計画への環境関連リスクに対処するためのリスク評価と軽減戦略を含むグローバルな資産リスク管理プログラムを維持しています。

経営幹部レベルでは、ビジネススタンダードと風評リスクへの焦点は、ビジネスの運営に不可欠です。弊社のシニアエグゼクティブグループ(SEG /…最高経営責任者、最高財務責任者、最高法務責任者、最高技術責任者、そして社長,最高執行責任者を含む )は、これらの重要な問題に専念し、ビジネス基準とビジネス慣行、風評リスク管理、顧客関係、製品開発に関する定期的な評価と決定を行っています。

サステナビリティに関して、SEGは、気候や社会関連問題に関連するリナマーのビジネスリスクの開示と、以下の効果と効率に関連してどのような影響があるかを考慮します。

  • オペレーション
  • 財務報告の信頼性と完全性
  • 法律、規制、方針手続き、契約の遵守
  • 倫理的な組織文化における資産の保護。

リナマーのビジネスへのバランスの取れたアプローチと一致して、全社的なリスクと統制の評価手法は、組織のすべての領域とレベルの従業員の専門知識と洞察を求め、取り入れています。私たちは自主的に企業経営リスク管理の継続的な改善を次のことにより目指しています。

  • 主要な意思決定プロセスにおけるリスク回復力、リスク選好度、リスク管理統合の認識の評価
  • 気候関連リスクを含む主要なリスクを管理、軽減するための経営者レベルのオーナーの割り当て
  • 戦略的計画プロセスと企業リスク評価活動全体で情報を統合します。
  • 世界的に受け入れられている新しいESG測定および開示ツールの採用。

経営トップの姿勢は理事会によって設定され、SEGによって具体化されますが、組織全体でこの焦点を強化します。私たちは、従業員がリナマーのビジネス基準と文化についてトレーニングを受けていることを確認し、すべての関係者のために責任をもって顧客にサービスを提供し、会社を管理する上で各従業員が自分の役割を果たすことの重要性を強調しています。

シニアエグゼクティブグループ(「SEG」)は、独自のグローバルオペレーションシステム(「GOS」)を通じてこれらのビジネス基準と文化的な方向性を伝達します。 2000年代初頭に設立されたGOSは、方針の発行、承認、適用の標準化を監督することにより、ガバナンスを強化し、方針の関連性、改訂、およびメンテナンスについて説明しています。これにより、従業員の日常の意思決定と活動を導く全ての方針と手順を継続的に確認できます。また、方針を作成および管理するための一貫したガイドラインとプロセスも提供しています。当社のGOSイニシアチブは、SEG、倫理、コンプライアンス、法務の専門家によって推進され、すべての企業機能とビジネスユニットのサポートとコミットメントを持っています。従業員は、新しい、もしくは更新された法律や規制に関連する、理解しにくい、時代遅れの、不足している方針、文化的に影響を受けない、または特定の地域や事業単位に適用できない方針に遭遇した場合は、必ずポリシーハウスに連絡することをお勧めします。

コンプライアンスの文化

リナマーでは、優れたビジネスは倫理的行動の文化に基づいています。私たちは誠実さと透明性を大切にします。これらの価値観は、最終的に私たちが組織として行う決定を形作るものであり、私たちの 倫理および行動規範によって導かれます。. 私たちの規範は、以下を含み、かつこれらに限定されない幅広い重要なトピックに対処しています。

  • 利益相反の回避
  • ブランドと評判、および会社の資産、情報、知的財産の保護
  • 贈り物や特典の受け入れ。

セキュリティ担当者を含むすべてのチームメンバー、サプライヤー、ベンダー、コミュニティパートナー、取締役会のメンバー、およびリナマーのSEGは、個人的および専門的な誠実さに対するこの取り組みを共有しています。本規範は毎年更新および共有されており、当社の管理情報通達に掲載されています。

リナマー匿名倫理報告ホットライン

Linamar Ethicspoint(1-888-294 5496または linamar.ethicspoint.com,)を通じて、従業員と外部の関係者は、匿名の機密情報の質問を提出することや、会計、内部統制、または倫理問題に関連する苦情を出すことができるようになっています。