Mobile Language Mobile Phone Mobile Menu

新エネルギー車両


過去数年のリナマーのポートフォリオは、車両の燃料消費量とCO2排出量の削減に積極的に貢献する製品の提供の増加に継続的に移行しています。これは、主要市場の多くにおける政府の法律と整合しており、OEM顧客の戦略とCAFÉ(企業平均燃費)と排出削減に関連する目標と連携しています。

実際、次世代の低燃費7、8、9、10速トランスミッションプログラムの構成部品の売上げは、2014年のリナマー小型自動車の総売上高の5%未満から、2019年には30%を超えるまでに成長しました。これらの構成部品とモジュールは、現在路上走行車で使用されている燃費効率の悪い4、5、6速トランスミッションに置き換わります。さらに、内燃エンジン(Internal Combustion Engine:ICE)側では、低排気量の低燃費の3気筒および4気筒エンジン用の構成部品の売上げが、2014年のリナマーの小型自動車総売上高の14%から2019年には40%以上に伸びました。これらの構成部品とモジュールは現在路上走行車両で稼働している燃料効率の低い高排気量のV8、V6エンジンに置き換わります。リナマーは、軽量化されたアルミニウムおよびマグネシウム金属構成部品の売上高浸透率が高く、ビジネスの分野も大幅に成長しているだけでなく、業界全体のトレンドに大きく貢献しており、今後も継続いたします。

ICEテクノロジーの改善と軽量化は、自動車業界の気候変動への影響を軽減するためのこの取り組みの重要な一因ですが、リナマーは、ICEから電動車両への移行を超えた長期的な変遷を認めています。リナマーは、電化自動車業界の将来に必要な製品を提供するために必要な研究開発、設計/検証の専門知識、および生産設備に多額の投資をしています。 また、ハイブリッド車、フル電気BEV(バッテリー電気自動車)の製品を所有しており、長期的には水素燃料電池技術にそれ以上の投資を行っています。リナマーは、フルeAxleシステム、電気駆動ユニット(EDU)ハウジング、モーターハウジング、バッテリートレイなど、電気アプリケーションに固有の製品ポートフォリオを増やしています。特にリナマーは複雑な商用トラックeAxleシステムの研究と設計に投資してきました。

過去数年にわたる構造用軽金属鋳物の増加は、ICE以外のパワートレインコンポーネントへの対応可能なコンテンツの増加のもう1つの例です。

小型自動車全体の生産に占める純粋なバッテリー電気自動車(BEV)の世界市場でのシェアは、今日でもまだ比較的低く、市場のわずか2〜3%です。しかし、この分野での当社の焦点は、電化プログラムで多数の新しいビジネスの成功を見てきました。実際、今後4年間で、純粋なBEVのリナマーのグローバル車両あたりのコンテンツ(CPV)は、すでに手元にある契約に基づいて2019年の5ドル未満から2023年までにほぼ42ドルに増加します。低炭素自動車の未来へのこの移行をサポートするために私たちの役割を果たすことにコミットしている証明です。