Mobile Language Mobile Phone Mobile Menu

エンジン試験評価サービス一覧

McLaren Performance Technologiesは、以下を含むがそれだけに限定されない各種試験評価サービスを提供しています:

総合エンジン試験評価

  • テストベンチ
  • 電動バルブトレイン試験装置
  • (16) フレキシブルな動力計システムで3390 Nm超、1193 kW超も測定可能
  • (26) 容量の異なるエンジン動力計
    • 直流動力計
    • 渦電流動力計
    • 交流動力計
    • 油圧動力計
  • 186 kWモーター駆動、最大 10,000 rpm、895 kW エネルギー吸収
  • サーマルテスト
    • 熱遮断
    • ゾーン
    • 熱衝撃試験: -34C - 121C
  • モータリング フリクション解析

サブシステム 試験解析能力

  • 冷却水流れ解析
    • 循環率
    • 圧力勾配
    • ウォーターポンプ能力 / 効率
    • 熱衝撃
  • 潤滑、オイルサンプ風損、空気撹拌試験
  • 回転治具によるバルブトレイン動作確認
  • 回転治具によるアクセサリードライブシステム動作確認
  • 排出ガス試験評価
  • 空燃比解析
  • エアーフロー調査
  • 熱遮断・プレイグニッション モニタリング(意味不明)
  • 燃焼解析
  • 部品開発・耐久性試験
  • 酸素センサー経年劣化
パワートレイン試験評価・開発
説明 MFG モデル/モデル番号 範囲/仕様
角加速度計 ATI 20101-AC2-125C 周波数応答:40 Hz - 6.8 kHz
力 トランスデューサー   SSM-AJ-1000 1000 ポンド
エアフローメーター Horbida MEXA-110R  
Spintron Spintron HMS24 40 HP / 10,000 rpm
イグニッションコントローラ ATI IGTM-2000  
トルクセンサー Eaton / Lebow 1604 500 in/lb / 15,000 rpm
フローメーター Micro motion F0255113CRAUEZZZZ  
ロータリーアクチュエーター Servotest TAB-90-105000 0 - 13500 Nm / 190 deg sweep
出力トルクセンサー キートランスデューサ 2303-02 10,000 Nm
車速センサエンコーダー Heidenhain ROD 436-1024-27512-03 0 - 16,000 rpm / 1024 line count
燃料フローメーター 最大の機械 272 0 - 10,000 cc/min
燃料ポンプ Weldon 16000-AC 1,000 lb/hr
燃焼空気 Q Corporation   25-30 C / 28-50% relative humidity
入力トルクセンサー HBM   0 - 500 Nm / 0 Hz to 4 kHz frequency response
電動入力モーター Leeson C404T34DB3C 125 HP / 3550 rpm
電動入力モーター Teco AEHH8P-001 1760 rpm
電動入力モーター Dayton 3KW52A 25 HP / 1775 rpm
電動入力モーター WEG 02036ST3Q1E256T 20 HP / 3550 rpm
電動入力モーター Leeson    
電動入力モーター Schorch LN 7400M-BZ83Z-Z 6200 Nm per pair / 6000 rpm
電動入力モーター Schorch LN 8289L-BZ83Z-Z 500 Kw 1600 Nm / 6000 rpm
電動入力モーター Marathon XR1 / FVD 364TTFS6036BU 1780 rpm
加速度計 Bruel & Kjaer Type 4507 0 - 5000 g
動力計ロードセル測定範囲
から Meiden FC-DY 25 HP / 10,000 rpm
まで Froude F249AX 1010 HP / 14,000 rpm

過渡エンジン開発セル エンジン過渡応答試験設備

第10動力計室は最新の試験設備を幅広く備えています。この試験室は基本摩擦馬力測定から完全な路上運転シミュレーションまで、フレキシブルに試験要件を満たします。燃焼エアの条件調整から冷却剤の熱循環特性までの主要チューニングパラメータの適合が可能です。McLarenではこの試験室だけで効果的な結果を得ることができ、顧客の時間と費用を低減します。の節約を実現します。

総合試験評価能力

モーター

  • AVL製 2C2型電気動力計
  • 動力吸収装置: Froide製 F24型水動力計
  • 動力吸収容量: 970 kW
  • 電気駆動容量: 198 kW
  • 定格トルク: 2700 Nm
  • 最高回転数: 12,000 rpm

燃焼エア ユニット

  • 42 ㎥/分 燃焼エア流量
  • 0 in H2O 給気静圧(意味不明)
  • 吸気温度調整範囲: 25C から 30C +/- 1C
  • 吸気湿度調整範囲: 30% - 50% +/- 1%

動力計制御システム

  • AVL製 Emcon 400 動力計
  • 定常回転数・トルク
  • 回転数範囲
  • トルク範囲
  • 過渡応答

試験サイクル

  • 耐久性
  • トラックシミュレーション?
  • 過渡

測定機器類

  • HBM製 トルクセンサ
    • 公称トルク: 5 kNm
    • 周波数応答: 0 Hz - 4kHz
  • AVL製 PUMAデータ収集装置
    • 32の熱電対チャンネル
    • 16のアナログ入力 - データ収集速度: 0 - 200 Hz
    • Bosch製 8-チャンネル ESIB ラムダ値測定

付加評価機器

  • 冷却機 - NECW 90LTQ
  • 5ガス対応 - Horiba製 EXSA 1500 排気ガス計測装置
  • Q Corp.製 燃焼試験用エア生成ユニット
    • 温度範囲: 25℃‐30℃
    • 湿度(露点温度): 15C dp
    • 流量: 42㎥/分
  • Horiba製 空燃比計 - Mexa 110 / Mexa 700
  • Micro Motion製 流量計 EOX / FTI
    • 測定範囲: 0 - 1451 Kg/分
  • 熱交換器 - デュアル・シングルチューブ冷却器
  • ATI製 IGMT-2000点火時期モニタ

熱的研究

強度熱衝撃
McLaren Performance Technologiesには4つの試験室があり、冷却機によって流量209GPM(ガロン/分)の冷却剤温度を-30F (-34C)まで下げることが可能です。冷却機は試験室外で稼働しており、冷却された冷却剤が試験室のシェルおよびチューブ熱交換器に運ばれます。これによってシェルおよびチューブ熱交換器がエンジンあるいは試験エンジンに流れる冷却水やオイルを冷却することができます。
熱精査
試験対象の完全な熱分布測定はMcLarenの工作室から始まります。ここに試験対象の温度精密測定点にKタイプ熱電対プローブを埋め込みます。測定箇所は通常数百に及び、試験対象の真の温度勾配を算出します。プローブは個別に試験対象に配置され、McLarenの冷却装置付動力計試験室の一つを利用して運転状態で試験が実施されます。

衝撃入力応答試験

リナマーの試験室はOEMの要求を満たすPTU/RDUの設計検証(DV)試験 、製品検証(PV)試験が可能です。

項目 メートル法 英単位系
ピーク出力トルク 22,000 Nm  16,226 lbf-ft 
トルクレート 100 kNm/sec  73,756 lbf-ft/sec
慣性マス 500 kg   
データ収集装置 LabView® (25 KHz)  
データ記録速度 2000 Hz